あなたは誰の隣人か

するとイエスは言われた。「あなたも行って同じようにしなさい。」ルカ10:37

福音書の中には多くのたとえ話がある。その中の一つが、有名な良きサマリヤ人のたとえ話である。(ルカ10:25〜37)全体の流れを見てみよう。

これはイエスを追い詰めようとして一人の律法学者が質問する文脈の中で始まる。律法学者はイエスを単なる教師としてしか見ていない。また永遠の命は業、行いによって得られると誤解していた。彼はイエスに質問するが、逆質問されて、「神を愛し、人を愛する事」であると優等生の100点満点の答えをする。イエスは言う。「その通りです。それを実行(継続、ずっと実行)しなさい。そうすれば、永遠の命を得ます。」この答えは業による救いが可能なように見えるが実はそうではない。「でも出来ないでしょう」と言うのがイエスの答えの本当の意味である。

故に、この時彼が応答すべき答えは「自分にはそれは出来ない。主よ憐れんで下さい」と言うべきである。しかし彼は自分のプライド、正しさを示そうとして「では私の隣人とはだれですか」と責任回避の逆質問をイエスにする。

律法学者の常識では「隣人はユダヤ人しかあり得ない」が、なんとイエスはここから良きサマリヤ人のたとえ話を始める。サマリヤ人は自分に対して偏見を持って差別する者に対して逆に憐れみの心をもって接した。差別や偏見を乗り越えて生きる事こそ本物の隣人愛であるとイエスは教えた。そしてこの良きサマリヤ人こそ救い主イエス・キリストの姿である。

すべての人は神のかたちに造られ、神の愛の対象である。それゆえ自分は誰の隣人になれるだろうかと考える必要がある。イエスは今日も私達に語り掛ける。「あなたも行って同じようにしなさい。」

私達は、あの律法学者、祭司、レビ人のようであってはならない。しかし、現実には意外と律法学者のようにふるまう事が多い。口では「神を愛し、人を愛する」と言いながら、人に冷たい。周りに困っている人がいても助ける事なく、無関心であり、その日の食事に事欠く弱者がいても無関心、無責任。自分の事ではないから関係ないのかもしれない。かつて私もその一人であった。キリスト教会の働きは、形式的に聖書の言葉を一方的に伝える事と考える人はいないと思う。もしそうだとすればパリサイ人、律法学者と同じようになってしまう。

今こそキリスト教会の使命とは、地域の繁栄のために生きるとは、キリストの体としての教会の生き方とは、福音に生きるとは、隣人愛とは何か。もう一度真剣に問い直していきたい。更にキリストの心を心として生きるキリスト者の「生き方」とはどういう事かを探り求めていきたい。

一キリスト者として、今日も私の隣人になるべき人と関わり、主の恵みによって自分に出来る隣人愛を模索して生きる人になりたいと切に願う。(牧師)