本庄キリスト教会は

1954年に福音伝道教団※の宣教師と日本人牧師の協力によって本庄での伝道が始められました。
1957年に本庄キリスト教会が設立され、1958年に本庄市朝日町(現在の東台1丁目)に教会堂が建てられ、
これまで本庄市とその近隣にキリストの福音を伝えてきました。
2005年11月に現在の本庄市五十子3丁目に新教会堂を建設し、移転して、新たな教会形成、福音宣教に励んでおります。
また、隣の上里町に共同納骨堂を所有しています。

福音伝道教団は1927年にイギリス人女性宣教師によって創設され、
群馬、栃木、埼玉を中心に各地にキリスト教会を設立してきました。
聖書を誤りのない神のことばと信じる福音的なプロテスタントのキリスト教会の集まりです。

教会は

唯一まことの神を礼拝し、神のみことばである聖書のみことばを伝えます。
神を信じる人たちが豊かな交わりを持ちます。
心を一つにして神に祈ります。

教会創立50周年

2007年に、教会創立50周年を記念して、記念事業を行いました。
歴代の宣教師、牧師を招いて記念礼拝を3回行いました。
記念誌を発行しました。
記念クリスマスコンサートを行いました。


トップページへ戻る